RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年9月に娘が誕生しました。夫(日本人です)と3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→そして再びオランダ暮らしをしています。
2012年8月、日本に戻ってきました。
2013年8月、再びポーランド北西部で暮らしています。
2014年5月、3度目のオランダ生活が始まりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.09
22
CM:2

18:16
絵

数日前のこと…

娘「お母さん、見て〜。可愛くなったでしょ〜」と笑顔で私のところへ。
 「あのね、大きくなったら、髪の毛切ってあげる人になるんだ〜」と。

ビックリ…
思わず、え〜って言いそうになるのをグッとこらえる私。

私「あら〜、可愛くなったね。じゃ、お母さんがココに合わせて後ろも切るね〜」と、とりあえず答えてみる…

テーブルの上には、細かく切った娘の髪の毛がちゃんと広げたティッシュの上にこんもりと集められていました。
それも、けっこうな量。
右サイドの髪の毛だけが、短くなってました。(7cmくらい?)

そして、急遽、娘のヘアーカットをすることに…
久しぶりのカットでもあり、なかなか上手く揃えられず、内心「やれやれ…」と思いながらカットしていると、

娘「ね〜、まだ〜? まだ終わらないの〜?」

せっかくグッと押さえて対応していたのに、つい言ってしまいました。
私「そんなこと言わないでよ! ○○○が切っちゃったからお母さんが切ってるんでしょ!」(○は娘の名前)

静かになった娘をふと見ると、声も出さずに涙を流してました。

あ〜、自分の感情をコントロールするのは難しい…。

あんなに嬉しそうに自分の切った髪を見せに来たのに…、最後は悲しい気持ちにさせてしまった…。
それでも、最終的にはロングヘアーから肩くらいの長さになり、久しぶりのショート丈(娘にとっては)に、「可愛くなったね〜」といっぱい言ってあげたら、本人も満足した様子で笑顔が戻りました。

私はホッと一安心。

それでも、念のため娘には、「一度切ったら伸びるまで時間がかかるから、お友達の髪の毛は絶対に切っちゃダメだよ。大きくなったらお母さんの髪の毛も切ってね〜」と。

娘の将来の夢はいろいろ。
今まで聞いたのは、大工さん、ショベルカーを動かす人、道路を作る人、そして髪を切る人。
聞いてると面白いです。

(写真:日記とは関係ないけど、娘の書いたカレーパンマン、アンパンマン、食パンマン。人形を並べて観察しながら書いてました)

Comment

非公開コメント

No title

最初はぐっと抑えての対応、えらいよ。
私だったら、見て〜と言ってきたと同時に怒っちゃうな。
子どもって本当に親が考えないようなことをやってくれちゃうよね。
それが後から考えると面白いなぁって思えるんだけど、
その時はやっぱり腹が立っちゃうことばかりで。

今朝、うちの玄関から少し歩いて行ったところに子どもが持って行ったはずの体操着袋と上履き袋(もちろん中身入り)が落ちてた。
きっと慌てて走っていったので、ランドセルの間に入れてたのが落ちたんだろうなぁ。
笑っちゃった。
もちろん、届けないよ。
反省してもらわなきゃ。

そうたんずままさんへ

私も、見てすぐに「何やってるの〜!」って言いたかったけどね。
あまりにも嬉しそうな笑顔と共に来たので。
でも、最終的には泣かしちゃったわ…。
声も出さずに泣くなんて、ジワジワ悲しさ湧いてきたんだな〜って。
それにしても、本当こどもは予想外のことをするからビックリしちゃいます。
面白くて笑っちゃうビックリもいっぱいだしね。

「もちろん届けないよ。反省してもらわなきゃ。」
っていうのがいいね。i-237