RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年9月に娘が誕生しました。夫(日本人です)と3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→そして再びオランダ暮らしをしています。
2012年8月、日本に戻ってきました。
2013年8月、再びポーランド北西部で暮らしています。
2014年5月、3度目のオランダ生活が始まりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.11
03
CM:4

19:54
ハロウィーン

娘のプレスクールでは、ハロウィーンパレードがありました。
以前、ポーランドの方から頂いたドレス、まだ一度も着てなかったのを、これはチャンス!と思い、今回はこのドレスで参加しました。(サイズは今がピッタリ。来年はもう着れなくなりそう…)
ティアラとスティックだけは用意して、プリンセス風に。
今までプリンセスにそれほど時めかなかった娘も、やっぱりドレスを着るととっても嬉しそう♪

そして、この日の夜は、私の住んでいるアパート内でも子供達がお菓子をもらいにきました。
事前にアパートのエレベーター内に貼紙があり、子供達がお菓子をもらいに来ても良い方は、家の前にカボチャを置いておいて下さいと書かれていました。
ありがたいことに、娘も誘って頂いたので、初めてそれに参加しました。
数件まわったところで娘は満足したらしく、早々と帰宅。
今度は自分が、ピンポン鳴ったらお菓子をあげる人になりたいということで、家で誰かが来るのを待っていたのですが…
チャイムが鳴った時、娘はトイレに入っている時で、せっかくのチャンスを逃すことに…。残念。

ハロウィーン

頂いたお菓子を広げ、楽しそうに食べる娘。
この日は、パジャマに着替えるまでずっとドレスを脱がず、お父さんが帰ってくるのも待ちました。
夫は8時半頃帰宅(娘はいつも8時に寝ます)。
ドレス姿と、頂いたお菓子を披露して、ようやくベッドへ。

楽しい一日を過ごしたようです。

ハロウィーン
(ハロウィーンとはいえ、いろんなグミがあるのね…。)

魔女の姿で出迎えてくれるお宅や、わざわざカップケーキを焼いてラッピングして用意して下さっていた方もいたりして、ありがたい気持ちになりました。
同じアパート内で、娘と同じくらいの歳の子に出会えたことも良かったです♪

Comment

非公開コメント

後ろ姿ですが、サイズぴったりですね!こういうのってちょっと大きめサイズ着てる子が多いイメージだけど^^
楽しんでくれてよかったですね。

旦那様、仕事から帰ってきてかわいいプリンセスが待っていたら疲れもふっとびそう♪♪ ハロウィンて大人にはあんまり興味わかないけど(日本人は)、子供がいると可愛くて楽しいイベントになりますねー

オランダにいてハロウィンの行事を楽しめるなんていいですね♪ 同じオランダでも、なんだかそちらは色々違うみたい。
私はハロウィンだったなんてことにすっかり気づかず過ごしちゃいました。
そのグミはもしかしてすごい独特の味がするやつですか?
娘さん、もらったお菓子、全部試食されたのかな。

みーさんへ

春に頂いた時も既にジャストサイズだったので、今回着せられて良かったです。ポーランドって、小さい時からこういうオシャレ着を着る機会ありそうですよね。実際、こういう服はオランダよりポーランドの方がいろいろありそうです。

ネットのニュースで見てるだけですが、日本も最近はハロウィン盛り上がっているようですね。
仮装衣装とか、日本の方が充実してそうです。
うちも、大人だけだったら全然興味ない行事でしたが…
子供のイベントに、ご近所の方々が協力してくれることに、本当にありがたいと感じました。

ひまわりさんへ

子供達がお菓子をもらいに来るのって、前にもあったような…
でも以前は(まだ娘が居ない頃)、知らない子達にピンポンを押されドアを開けるのが嫌で(たとえ子供でも)私は居留守にしていたのでした。
今回は訪問してくるのは同じフラットの人達という安心感が大きく、娘もそれを楽しめる歳になったこともあり、私も一緒に楽しめました。

グミね、色からして黒いドロップのあの味かと思って食べてみたけれど(私はあの味は苦手)、これは違いました。
見た目とは違って、普通の味でしたよ。