RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年生まれの娘と夫の3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→オランダ→…
ポーランドとオランダを行ったり来たりで、気づけばヨーロッバ生活も15年経ってしまった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.10
27
クラームホテル(窓辺で寝る娘)

病院出産後、自宅に帰りクラームゾルフ(自宅ケアをしてくれる)のお世話になる予定でいましたが、調度クラームゾルフがその時期いっぱいになってしまっていて 来れても1日に3時間しかケア出来ないと言われてしまいました。
その代わりにクラームホテルが空いているので、そちらはどうかと勧められ 結局そのホテルを利用することになりました。
クラームホテルというのは、24時間フルでクラームゾルフが対応してくれるホテルです。

写真は、私が利用した部屋。
ベッドが2つあるので、追加料金を払えば家族も泊まれます。
赤ちゃんのケアグッズも全て用意されています。(オムツ、ミルク、ベビーバス、服など)

午前、午後と必ず2回は母子共に体温チェックがあったり、沐浴や授乳の仕方を教えてもらったり…
ずっと母子共にこの部屋で過ごし、何かわからないことはフロントに電話をしてクラームゾルフに来てもらってその都度、教えてもらうというスタイルでした。
少し休みたいと思った時は、クラームゾルフに赤ちゃんを預けて見てもらうこともできます。
私は、体力回復のために夜間だけはクラームゾルフに赤ちゃんを預けたので 随分と助かりました。

結局、保険でカバーできる範囲いっぱいの5日間、このホテルを利用しました。

ちなみに…
このホテル、保険が無く自前で払うとなると一泊の料金は以下のようになってるらしいです。

一泊        329,6ユーロ
備品代(オムツ等)    12ユーロ
ゲスト一泊      13,5ユーロ

保険に入ってないと、なかなか利用しにくいお値段です。

Comment

非公開コメント

すごいね~

窓の外の景色がいいね。
落ち着きそうなお部屋・・・に見えます。
日本の産婦人科も、最近はホテルのようなものがあるらしいよ~
ま、料金もお高いようですが。
産後の5日間、いろいろお世話してもらったり教えてもらったりできて
ゆっくり休むことができたようで、よかったね^^

1ヶ月が過ぎて、ママ業も少しは慣れてきたかな?

そうたんずままさんへ

街の郊外にあるので、窓の外に馬がいるのが見えるような環境でした。
基本、部屋の中では赤ちゃんと二人っきりだし、慣れないオムツ換えや授乳やらで最初は大変でした。
でも、ここを利用できてよかったです。
いろいろ必要な物の売ってる所とか、使い方とかも教えてもらえたし。

ママ業、少しは慣れたのかな~
でもまだまだって感じです。

No title

オランダにも、日本同様にホテル並みの設備があるんですね。ポーランドでは考えられないような・・・私が出産した病院も食事は豪華で快適な生活を送っていました!夜中の授乳は大変でしたが。
ところで、破水して出産までの時間がかかって大変でしたね。ヨーロッパは日本より気長なのかな~

etsutochi さんへ

予定変更でしたが、このホテルを利用できてよかったです。
食事は最初から期待してなかったので、まあ、こんなもんか…という感じでした。(朝食と昼食のみ利用しました)

自然派?なオランダだからでしょうか?
破水からの時間が長かったのは…
やはり、待っている間は不安にもなりました。

いろいろあったけど、こちらで出産して良かったと思っています。