RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年生まれの娘と夫の3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→オランダ→…
ポーランドとオランダを行ったり来たりで、気づけばヨーロッバ生活も15年経ってしまった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
06
CM:2

07:24
デルフト アンティーク市

また娘と一緒にアンティーク市へ。
今回は、デルフトです。

娘が見つけた木製の筒。(写真上)
「何か入ってるみたい」と娘が言うので、中を見てみたら…
なんと、編み物の棒針が入っていた〜!
こんな編み針ケースがあるとは…。(残念ながら、中の編み棒は多少錆びているのもありました。)

路上に広げているお店もあったり…
デルフト アンティーク市

デルフト アンティーク市

ここはデルフト。
デルフト陶器もあちこちに。↑↓

デルフト アンティーク市

化石とか綺麗な石に興味のある娘。
しばらくこの鉱石を置いているお店から離れませんでした。↓

デルフト アンティーク市

私はこのお店(アンティーク刺繍)でしばらく離れられなくなりました。↓ 

デルフト アンティーク市

オランダらしい図案を全部まとめたような、この刺繍!
40×60cmくらいありそうな大きな刺繍です。↓

デルフト アンティーク市

随分、心が傾きそうになりましたが、以前ゴーダで見た刺繍が忘れられず、また他にも良いのがあるかもしれないと思い留まり、この店を離れて数件先…

思わず、「あっ、あった!」と言ってしまった程、私にとってはビックリ。
ゴーダで買うのを迷い、結局買わずに帰り、でも買わなかった事を後悔していた、その刺繍に再会したのです。
私を見て、お店の人に「ゴーダで会ったよね!」と言われ、最初は刺繍しか目に入ってなかったけれど、その人を見て二度ビックリ!
同じお店でした。
水曜日はゴーダ、土曜日はデルフトに来ているとのこと。

今回は、家に持ち帰りました。

それがこの刺繍。↓
額含めて65×45cmもある大きな刺繍です。
アムステルダムの風景にストリートオルガンが刺された、オランダらしい風景。
と〜っても気に入っています!

アンティーク刺繍
2017.08
06
CM:0

06:11
Speelklok Museum

ユトレヒトにあるオルゴール博物館へ。

こういうストリートオルガンは、私の住む近所の商店街にも毎週決まった日にやってきます。
家の近くを通り過ぎると、窓を閉めた家の中に居ても聞こえるくらいの音です。
ストリートオルガンと共にやって来るおじさんは、オルガンを商店街などに停めると、片手に小銭が入った缶を持ち、それを上下に振りながら(ガシャガシャ鳴る)、通り過ぎる人達から小銭を集めます。
音は、小さな穴が沢山あけられた譜面をオルガンにセットすると、オルゴールのようにピンが穴のとおりに弾き奏でられます。
近くだとけっこうな音量ですが、何とも楽しげなオルゴールの音には、やっぱり娘も私もつい足を止めてしまいます。

いろんなオルゴールが展示されている博物館。
前から行ってみたかったのですが、先日ようやく娘と観て来ました。

Speelklok Museum

Speelklok Museum
(どうやって動くのかな?)

Speelklok Museum
↑こちらは、ピアノと3台のバイオリンが自動演奏するものらしい…
1914年のドイツ製。

↓ダンスオルガン。
ここの部屋に展示されているものは、どれも大きくて(天井につきそうなくらい)、ダンスホールとかに設置されていたものらしいです。

Speelklok Museum

↓こちらもダンスオルガン。
Speelklok Museum


ところで、ユトレヒトと言えば、ミッフィーの街。
歩いていたら、面白いミッフィーを発見!

Nijntje