RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年9月に娘が誕生しました。夫(日本人です)と3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→そして再びオランダ暮らしをしています。
2012年8月、日本に戻ってきました。
2013年8月、再びポーランド北西部で暮らしています。
2014年5月、3度目のオランダ生活が始まりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11
20
CM:2

20:29
チュニック

迷ったけれど、やっぱり袖をつけるのをやめました。
袖ぐりの処理をして完成です!


そして、また新たに違う物を編み始めています。
今度はこちらの本から。↓

編み物雑誌(phildar nr.101 Herfst&Winter collectie 2013-2014 )

簡単そうなデザインを選んでみました。
そちらは、また後ほど…。
スポンサーサイト
2014.11
20
CM:4

19:41
Category : お弁当
夫弁当

最近、スポーツジムに通い始めた夫がダイエットを始め、白飯、芋などの炭水化物を取りたがらない…。

夫「明日からのお弁当、ご飯入れないでくれる?」
私「えっ? ご飯の入らないお弁当???」

聞けば、ご飯を減らした分、おかずを持って行きたいらしい…。

ご飯入れないで、どうやってお弁当箱を埋めようと思いつつ、翌朝なんとか、なんちゃってダイエット弁当を持たせました。

これが毎日だと大変だな〜と思っていたところでの、夜帰宅した夫の一言。
夫「今日のお弁当、ありがとうね」

なにげない一言に励まされ、じゃ、また明日も頑張るか〜と、作った今日のお弁当がこちら。↓

夫弁当

最近は、晩ご飯のおかずからお弁当カップに1つ2つでも取り分けしておいて冷凍。
炒め物、和え物など、何でも冷凍。
前日の晩に、冷凍したものの中からいくつか選び、冷蔵庫へ。
朝は、温めなおすか、そのままお弁当箱へ。
少しでも朝が楽なように、朝はなるべく作らないお弁当を目指しています。

こちらは、今日の娘弁当です。↓
味の染みた身の厚い干し椎茸の煮物が好きな娘。(渋い…
お弁当にも入れておきました。

娘弁当
2014.11
11
CM:6

20:23
チュニック

まだ襟ぐりや糸始末はしていませんが、前後の見頃が編み上がりました。
本のデザインの通り、肘下までの袖をつけるか、いっそ袖無しで、袖ぐりの始末だけして終わらそうか…
迷っているところです。

どこに行っても、室内は暖かいオランダ。
よく動き回る娘には、袖付きセーターは暑いかも?
というのが、迷っている理由です。

こちらが、参考本。↓
編み物雑誌(phildar nr56 /nr16- tuniektrui)

やっぱり袖ついてる方が可愛いかな…?
2014.11
03
CM:4

19:54
ハロウィーン

娘のプレスクールでは、ハロウィーンパレードがありました。
以前、ポーランドの方から頂いたドレス、まだ一度も着てなかったのを、これはチャンス!と思い、今回はこのドレスで参加しました。(サイズは今がピッタリ。来年はもう着れなくなりそう…)
ティアラとスティックだけは用意して、プリンセス風に。
今までプリンセスにそれほど時めかなかった娘も、やっぱりドレスを着るととっても嬉しそう♪

そして、この日の夜は、私の住んでいるアパート内でも子供達がお菓子をもらいにきました。
事前にアパートのエレベーター内に貼紙があり、子供達がお菓子をもらいに来ても良い方は、家の前にカボチャを置いておいて下さいと書かれていました。
ありがたいことに、娘も誘って頂いたので、初めてそれに参加しました。
数件まわったところで娘は満足したらしく、早々と帰宅。
今度は自分が、ピンポン鳴ったらお菓子をあげる人になりたいということで、家で誰かが来るのを待っていたのですが…
チャイムが鳴った時、娘はトイレに入っている時で、せっかくのチャンスを逃すことに…。残念。

ハロウィーン

頂いたお菓子を広げ、楽しそうに食べる娘。
この日は、パジャマに着替えるまでずっとドレスを脱がず、お父さんが帰ってくるのも待ちました。
夫は8時半頃帰宅(娘はいつも8時に寝ます)。
ドレス姿と、頂いたお菓子を披露して、ようやくベッドへ。

楽しい一日を過ごしたようです。

ハロウィーン
(ハロウィーンとはいえ、いろんなグミがあるのね…。)

魔女の姿で出迎えてくれるお宅や、わざわざカップケーキを焼いてラッピングして用意して下さっていた方もいたりして、ありがたい気持ちになりました。
同じアパート内で、娘と同じくらいの歳の子に出会えたことも良かったです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。