RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年9月に娘が誕生しました。夫(日本人です)と3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→そして再びオランダ暮らしをしています。
2012年8月、日本に戻ってきました。
2013年8月、再びポーランド北西部で暮らしています。
2014年5月、3度目のオランダ生活が始まりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.12
17
CM:2

20:01
パン作り(麺棒を使うのにもだいぶ慣れてきました)

捏ねと一次発酵まではホームベーカリーにお任せして…
成型と焼きの楽しい行程を娘と一緒にしました。

娘は私以上に餡子好き!
餡子ものが気軽に手に入らない今、餡子を見ると目を輝かせます。
例えば、日本からいらした出張者に頂いた一口羊羹や人形焼き…
ほっぺたに手をあて、「ん〜、おいしい〜」と心から幸せそうな顔をします。

そんな娘と作る餡パン。

パン作り(溶き卵を表面に塗っています)

生地に餡子を包み込むのはまだ難しいようなので、薄く伸ばして、そこに餡子を塗り、クルクルとロール状にしてからカットするようにしました。(丸いのは私が成型)

同じ方法で、餡子の代わりにチョコクリーム(ヌテラ)を巻いたものや、ヒモ状に伸ばしてからソーセージに巻付けてソーセージパンも。
今回の餡子は缶詰を使いましたが、それももう在庫が無くなったので、今度は餡子作りもしなければ…

パン作り

待ちきれなくて、何度もオーブンを覗きに…

パン作り

フワフワでとっても美味しいパンが焼けました!
2013.12
15
CM:2

05:50
うどん作り

久しぶりの麺作り。
今回は、娘に手伝ってもらいました。
捏ねはホームベーカリーで簡単に、そしてパスタマシーンで伸ばして裁断。
このパスタマシーンで伸ばしたり、麺に切る作業をしてもらったのですが、ニュル〜っと麺となって出てくるのが楽しかったみたいです。
途中、打ち粉を生地にぬったり、出来た麺に粉をまぶしてもらったり…
粉を触っているだけでも、「たのしいね〜」と言ってました。

うどん(茹でる前)

私が麺を茹でている間も横でずっと見ていて、茹で加減のチェック(味見)にも参加。(←味見の催促が多かったけど…

一人で作ると黙々とする作業だけど、2人で作ると楽しい作業でした。
今度は中華麺作りを手伝ってもらおうかな。
2013.12
07
CM:4

07:31
吹雪(わかりずらい写真ですが、吹雪いています)

木曜の夜からすごい風です。
翌日の朝、幼稚園に送る時も時折吹く突風に雪も降ってくる中、なんとか登園。
昼間は吹雪、晴れ、吹雪…の繰り返し。
娘をお迎えに行く頃には雪も積もり、調度晴れていたこともあり、娘は楽しそうに帰宅となりました。

以前から、「ポーランドにも雪、降る?」と楽しみにしていた娘。
昨シーズンの冬に北海道の実家で雪遊びしたことを覚えていて、それをイメージしているようです。
(ポーランドは、そんなにたくさん積もらないけれど…)

それにしても我が家の寝室。
窓からの隙間風がビュービュー入ってくる…
暖房を入れていても部屋の中はひんやり。
これから増々寒くなって、マイナス20度とかになる夜はどうなるんだ〜
考えたくない…。

風は今(金曜の夜)も時折強く吹いています。
2013.12
05
CM:4

18:22
adventskalender

あっという間に12月!
アドベンツカレンダーも今年は3人分。

娘には、「クリスマスの日がくるまで、1日に一つの窓だけ開けれるんだよ。」と、言ってますが…。
その一つの窓の中に入っている小さなチョコレートが美味しくて(一つで我慢すると余計に美味しく感じる)、我慢するのが大変。

少し時間を置いてから、「明日、ここの窓あけるんだよ、ねっ。明日ね。」と、私に言っているんだか自分に言い聞かせているんだか…。

出張で数日留守にしている夫のカレンダーの窓がまだ開いていないのですが、多分、帰って来たら喜んで娘が食べるのを手伝ってくれることでしょう。

これは、クリスマスがくるまで楽しみに待つカレンダーというより、我が家にとっては、”我慢を教えてくれるカレンダー” かもしれません。
2013.12
04
CM:4

05:54
アンジェイキ(幼稚園にて)

11月29日。
アンジェイという名前のネームデー(ポーランドでは、誕生日と同じように自分の名前の日をお祝いする習慣があります)で、最もポピュラーな名前であるアンジェイの日がいつの間にか、国民的にお祝いする日になったとか…
そして、この日に恋占いをするようになったらしい…。

娘の通う幼稚園でも、その日はその占いをしたようです。
水をはった容器に、ロウソクのロウを溶かして鍵穴(昔の大きなドア鍵の穴)を通って落ちるように垂らし、その水に落ちて固まったロウを壁に陰として映して占うそう…

アンジェイキ

↑ これが、娘が持ち帰って来たもの。(持ってくる間に崩れ、少し形は変わってしまってますが)
どんな結果だったのでしょう…

娘にとっては、何の儀式なのか理解できなかったかもしれませんが、それでも火の点いたロウソクが溶け、水に垂れて固まるのを見てるだけで楽しかったのかもしれません。
迎えに行くと「楽しかったの〜」と言っていました。
そして、家に帰り、自分のロウを見て「ねえ、お母さん、これ食べた〜い!」と言ったのでした。