RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年生まれの娘と夫の3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→オランダ→…
ポーランドとオランダを行ったり来たりで、気づけばヨーロッバ生活も15年経ってしまった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07
27
CM:2

06:15
娘

今週のオランダは、夏らしい良い天気が続いています。
やっと半袖に。(いつまで続くのか…)
娘と一緒に近所のミニ動物園へ。
うさぎ小屋の網の隙間から肘まで手を入れて、うさぎに触ろうとします。

娘、1歳10ヶ月となりました。
最近は、お絵描き遊びが楽しいようです。
自分ではまだ、紙の上にグルグルと線を書くくらいで、しばらく書いていると、そのうち私に声がかかり、「お母さん、キリンを書いて!」「大っきいゾウ」「ピンクの車」と次々と注文してきます。
赤、青、黄色、オレンジ、ピンク、み(緑のことです)、茶色、灰色、黒と色の名前も言えるようになりました。
色鉛筆のことは、「いろぴっぴっぴ」
まだまだ親子でしか通じない言葉も多いですが、それでも随分と話ができるようになってきました。
それと、自分のことを「○○○ちゃん」と名前に”ちゃん”を付けて言うようになり、「ご飯〜、ご飯〜、○○○ちゃんのご飯〜」と催促したり、「○○○ちゃんの小さいカップ〜」「お母さんの大きいカップ〜」など…。
もう少し大きくなったら、ちゃんと「私」と言うようにしなくては…。

父親ゆずりなのか?
よく寝言を言うのですが、毎回ハッキリと喋るのでビックリです。
「美味しい〜」とか言っているのを聞くと、幸せな夢を見てるんだなって思えるのですが、昨夜は「落ちたね〜、落ちた! 落ちた!」と言っていて、どんな夢をみているのやら…

オランダ生活もあと10日程。
日本での生活、今とは全く違う環境となりますが、なんとか娘にも慣れてもらいたいと願うばかりです。
スポンサーサイト
2012.07
19
CM:14

09:16
風車

いつものんびりしている私ですが、最近は少し忙しくなってきています。
とうとう我が家も、来月7日には日本へ帰る事となりました。
今日、引っ越し用の段ポールも到着し、いよいよという気持ちになっています。
娘が寝た後しか作業が進まないので、寝不足の日が続きそうです。
(とは言っても、おまかせパックなので随分楽ですが…)

娘にとっては、初めての日本。
私にとっても久しぶりの日本の夏。
涼しいオランダから、暑い日本へ。
耐えられるだろうか???
そこが心配です。
2012.07
12
CM:6

07:00
教会&トラム

ポーランドへは、2年3ヶ月ぶり。
最初に住んでいた北西部の田舎町へは、約3年ぶりの訪問となりました。
家族3人で、またこの田舎町に来れる日がやってくるとは…

上の写真は、北西部の街。
毎週、ポーランド語を習いに通ったり、大きなスーパーで買いだめしたりと、よく行っていた少し大きな街です。
でも、ポーランド語は全然覚えられなかった…(やる気が薄かった)
そんな事を思い出す街です。

公園

そして、約3年間住んだ小さな小さな田舎町へ。
その町で、夫が用事を済ませている間、近くの公園へ娘を遊ばせようと行きましたが、とにかくこの日は暑かった!
せっかくの滑り台も、熱すぎて滑れず…
日陰に逃げてました。

広場

ここが住んでいた町の中心部。
娘を連れて来れた事、なんだかジーンときました。
前より、町も少しキレイになったような…
すぐそばの湖はやっぱり綺麗な景色だったし、小さいけど良い町だったな〜と改めて思いました。
(でも、住むとなるといろいろ問題多いですが…。突然の断水、停電、水質の悪さなど)

アパート

もう住むことはないと思うので(?)載せちゃいますが…
このピンク色のアパートが私達の住んでいた所。
木造の階段が、歩く度にキシキシなります。
築100年以上。
でも外観とは違って、部屋の内装は綺麗にしてくれていました。
下の階に居た床屋さんのおばさんとバッタリ出会い、娘と一緒の私達を見て、とっても喜んでハグしてくれたのが、本当に嬉しかったです。

初めてポーランドを訪れたのが、約10年前。
それはただの旅行でした。
2度目に行ったのは、6年前でこの田舎町に住むため。
住んでいる時も感じていたけれど、ポーランドの発展はスゴイです。
大きなショッピングモールはあちこちに出来たし、なんと言っても、道路が随分良くなった!
以前は国道だって、ガタガタ継ぎ接ぎしてるようなヒドイ道があったのに、今回行ったら建設中の道路もあちこちにあり、高速道路も延びたようで、便利になったな〜と感じてきました。
(住んでいた田舎町周辺はそんなに変わっていないけど…)
サッカーのユーロ2012の影響は大きい!!!
2012.07
11
CM:4

03:02
娘 1歳9ヶ月

娘は1歳9ヶ月半ほどになりました。
この月に入ってから(旅行に行く前と比べても)、随分と言葉が増えたように思います。

以前までは、「美味しい」の一言で表していたのが、最近は「美味しいね」「美味しそうね」とちゃんと使い分けできるようになっていたり、一番の変化は、2語をくっつけて喋るようになってきたことです。
「桃、切って〜」「お母さん、書いて!」「パリに行ったね〜」「ポーランドに来たね〜」(←最近、娘を連れてポーランドに行った時に)、「タタは会社」(←タタはお父さんの事。ポーランドでお父さんのことをタタと言うので、最初はそれで良しとしていたら、ずっとこのままになってしまった。時々、お父さんと言う時もありますが)

そのポーランドに行った時のこと、ホテルの朝食であった月の形をした小さめのパン(ポーランドではよく見るパン)を初日は「美味しいパンだね〜」と言いながら食べていたのですが、翌日の朝食時、同じパンをあげたら「パンが堅いね〜」と言って食べるのを止めました。
そのまま口に出すので、面白いです。
(パンは実際に一日目は香ばしくて美味しく、翌日は固かった…多分前日の残りと思われます。)

口調は私や夫にそっくり。
自分の言葉遣いに気をつけなければ…

最近娘が力を入れている事は、階段の昇り降り。
手を繋いで歩いていても、ちょっとした段を見つけると「段!」と言ってはそっちに向かい、いつまでも行き来したがります。

健康に成長してくれていることが、何よりも嬉しいです。
2012.07
09
CM:0

09:43
海が見たくて、サン・マロへ。

st-Malo

旧市街を囲む城壁からの眺めです。↓

st-Malo

st-Malo

ホテルは海が見える所にしました。(ホテルのサイト→
部屋からの眺めです。↓

ホテル3

ホテル4

ホテル1

ホテル2

今回もキッチン付きの部屋にしました。
ここのキッチンは今まで見た中でも、一番充実していて清潔でした。

娘は、ホテル前の砂浜の散歩や砂遊びが とっても楽しかったようです。
干満の差が大きく、朝の散歩時には潮が引いていて、かなりの遠浅でした。

st-Malo

st-Malo

次回は、ここだけで、の〜んびり過ごす休暇もいいな〜と思ってみたり。
(いつも、どこかに行く度にそう思うけど)

良い夏休みになりました。
2012.07
09
CM:0

08:58
目的地に行く前に、ちょっと寄り道。
フランスと言えばココとも思える場所、モンサンミッシェルへ。

Mont St-Michel

外観はやっぱり素敵でした。
中にも入りましたが、ベビーカーということもあり、途中までで帰ってきちゃいましたが…

モンサンミッシェル


Mont St-Michel

モンサンミッシェルに向かう途中のこの景色が良かったです。
広大な土地に、多数の羊!
その先には、モンサンミッシェルも眺められ(写真には写ってませんが)、娘も羊を見て「い〜っぱいね〜」と言って嬉しそうでした。

>>> 次はサン・マロの街です。
2012.07
04
CM:6

08:58
CERZA SAFARI LODGE(サイトはこちら→)に行ってきました。
今回の旅先をノルマンディーに決めたのは、ここに行きたかったからなのです。
サファリパーク内は、徒歩かトレインで見学でした。

CERZA Safari 1

CERZA Safari 4(サイ)

CERZA Safari 5

子供向けの動物ふれあいコーナーのような所で見た風景。
隣に見えるキリンに気をとられていたら、危うく子豚とヤギにベビーカーに付けてたバックの中に鼻をいれられそうになってました。

CERZA Safari 2

キリンを眺めながらの休憩タイム。

CERZA Safari 3

奥に見えるのが、サファリ内を走るトレインです。

CERZA Safari 9
(右奥がロッジ。左にはサイ。右手前はサルの小屋)

サファリロッジ!
ここに2泊しました。(時季によっては、最低3泊からとなっているようです。)
駐車場に入るなり、ワラビーにお出迎えされました。
ロッジの周りには、ワラビーの他、小さいシカ、ペリカンが自由にしています。
朝、起きてカーテンを開けると、ウサギがピョンピョン走っていたり、子豚がロッジの横を通りすぎていったり、そんな場所でした。
ドアを開けて、少し離れた所にサイやサル、バンビが居るのが見えました。

日本人の宿泊客は初めてらしいので(受付で言われた)、写真多めに載せておきます。

CERZA Safari 6

ペリカン

奥のロッジ前の池には、いつもペリカンが居ました。

部屋はこんな感じです。↓

CERZA Safari 7

奥にベッドルーム、2階にもベッドがあります。

CERZA Safari 8

キッチンも付いています。
事前に言われていた通り、タオルは最低限しか無いので持参しました。(エコの為だと思われます)

シカ

ロッジで囲まれた中庭に滑り台などがあり、慎重だった娘もようやく滑り台の面白さがわかったようで、何度も滑ってました。
小さな子供連れには、本当に楽しい所でした。
もう1泊したかったな〜 

>>> 次は、ノルマンディーの海です。
2012.07
04
CM:0

07:40
夏休みは、フランスのノルマンディー地方へ行ってきました。
でも、その前にちょっと寄り道。
ディズニーランド・パリへ。
日本にあるし、わざわざ行く事もないんじゃないかと最初は迷いましたが、娘も楽しかったみたいで行ってよかったです。

ディズニーランド パリ1

初日は残念ながら雨。

ディズニーランド パリ2

今年は20周年らしいです。
(ピンクのレインコートが娘)

ディズニーランド パリ3

そして、翌日は晴れ!

ミッキー&娘

ランチはCafe Mickeyで。
食事中に、ミッキー、グーフィー、プルート、イーオー、2匹のリス(名前知りません)などが、各テーブルに来てくれるのですが、せっかく来てくれても、娘は泣いて怖がり写真も逃げ腰。

カフェ・ミッキー

でも、とっても気になるらしく、少し離れると私や夫の陰から見てました。
それでも娘は嬉しかったのか? 旅行から帰って来た今でも、「イーオー、来たね」「グーフィー、大っきいね」「アッキーがチュー」(←ミッキーがチューしてくれたという意味です)などと言っています。

Newport Bay Club

初めて敷地内のホテルに泊まりました。
一般客より早く入場できたり、ホテル内にミッキーが来たり、夜の花火も部屋から見えて(遠いですが)、なかなか良かったです。
花火は夜の11時からで、娘はベッドの中。夫と2人で部屋から眺めました。
でも、宿泊客の多さにビックリ。
チェックインするのにも、まるでアトラクション待ちしているかのような順番待ちの列!(でも、チェックアウトはあっさり済みました)
ホテル内のレストランも列!
朝食も早く行かないと列!

Newport Bay Club(Newport Bay Club Hotel)

現在、娘は1歳9ヶ月。
乗れないアトラクションはいっぱいですが、そんな娘でも楽しめたものは、
・Disneyland Railroad
・PeterPan's Flight
・Dumbo the Flying Elephant
・it's a small world
・The Chaparral Theater (ターザンのショーが観れました)
・CineMagique
・Playhouse Disney Live on Stage

「ダンボに乗ったね〜」「葉っぱ、ひらひら、いっぱいね」「あわあわ、いっぱいね〜」(←シャボン玉のことです)と、今でも言っています。


>>>次は、ノルマンディーのサファリパークです。
2012.07
03
CM:2

07:32
先日編んだワンピース、さっそく着せてみました。

娘のワンピース1(前)

裾は編みっぱなしなので、クルッと丸まってしまいますが、これでもいいのかな???

娘のワンピース3(後ろ)

娘のワンピース2(横)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。