RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年9月に娘が誕生しました。夫(日本人です)と3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→そして再びオランダ暮らしをしています。
2012年8月、日本に戻ってきました。
2013年8月、再びポーランド北西部で暮らしています。
2014年5月、3度目のオランダ生活が始まりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01
29
Category : お弁当
鶏とほうれん草の炒め物弁当

・鶏とほうれん草、炒り卵の炒め物
・ブロッコリーのベーコン巻き
・ひじきの煮物
・トマトのバジル和え
・佃煮昆布(頂き物)
・ご飯

スパゲッティ弁当

・スパゲッティナポリタン
・大豆サラダ(ツナ、玉ねぎ入り)
・トマト
・キウイフルーツ


今週は2回のみのお弁当作りでした。
スポンサーサイト
2010.01
28
チョコまん1

今日はあんまんを作っていたのですが、途中で違うものを入れてみたくなり、たまたまあった板チョコを入れてみました。

チョコまん2

しかも、レーズン入りチョコ。
味は、まあまあでした。

でも食べながら、やっぱり肉まんやあんまんの方が好きだな~と再確認です。
次回は無さそう。
包み方も失敗してるし…(上の皮が薄くて、下は厚い)
2010.01
26
Category : お弁当
茄子と挽肉の味噌炒め弁当

・茄子と挽肉の味噌炒め
・ツナマヨゆで卵(黄身にツナとマヨネーズを混ぜてます)
・人参のナムル風
・ひじきの煮物
・漬物(頂き物)
・りんご
・ご飯

スパイシー焼きうどん弁当

・スパイシー焼きうどん(自家製麺)
・ゆで卵のネギ味噌トースター焼き
・トマトのバジル&ゴマ和え
・りんご

鶏肉の炒め物弁当

・鶏肉とブロッコリーの炒め物
・黒豆
・ほうれん草とマッシュルームのオイスターソース炒め
・オレンジ
・ご飯

焼きそば弁当

・焼きそば(自家製麺)
・ひじきの煮物
・タケノコのしぐれ煮(頂き物)
・オレンジ

具沢山にしたので、焼きそばと焼きうどんの区別がつかない… 
2010.01
25
温度計

この数日、とっても寒いです。
今朝の我が家の外気温計は-21℃。
道産子ですが、これは初体験です。
天気予報では、最高気温は-9℃らしい。
用事が無い限り、外には出たくない…。

ポーランドで4度目の冬ですが、今年が一番寒く感じます。(南部だからか?)
2010.01
22
Category : 編み物
ニット帽1

帽子が完成しました。
今回は初めてベレー風なものを編んでみました。
本当は被ってみるのが一番雰囲気が伝わりやすいのでしょうが、それもナンなので適当に目についたガラス瓶に被せちゃいました。

ニット帽2

置いちゃうと模様が見えない… 
減目の仕方、大きさはこちらの編み図を参考にしました。→
模様は手持ちのパターンブックから拾っています。

ニット帽&ショール

随分前に編んだ透かし編みのショールの余り糸でした。
マフラー風に巻いてセットで着用しようと思います。
2010.01
21
Category : お弁当
黒豆

黒豆を煮たので、お弁当用に小分けして冷凍してみました。
冷凍…、いけるかな?

今日は、おやつ用に小豆も煮ています。
2010.01
20
Category : 編み物
編み物雑誌01/2010

次は何を編もうか…
ポーランドの編み物雑誌、Sandraの最新号を片手に考え中です。

小物

大物に取り掛かる前に、余り糸で小物を編み始めました。
糸が細いので、防寒性を重視して2本どりにしてみました。
近々完成予定です。
2010.01
19
Manufaktura 1

週末、いつもよりちょっと遠出してウッジ(ポーランド第2の都市)のショッピングモール(Manufaktura )に行ってきました。
ポーランドでは最大のショッピングモールらしいです。
広い敷地内には、ショッピングゾーンの他、映画館、ボーリング場、ホテル、レストラン、ミュージアム等があって専用のバスまで走ってます。

Manufaktura 2

夏に来たときは、この噴水で水遊びする子供達がいっぱいでした。
でも今は…
”見てるだけで寒い!”
脇を通るだけで風が寒かった~ 
無駄にフラフラ歩いてる人なんていません。(みなさん、目的地に直行)

Manufaktura 3

敷地内の広場に特設スケートリンクができてました。

ポーランドのショッピングモール、フードコートに入っているお店はほとんど同じような所が多い気がするのですが、ここはそういうフードコートの他にも、レストランが広場に面していっぱいあって良いです。

結局、お目当ての物は見つからなかったのですが、食べてビリヤードして帰ってきました。
2010.01
18
市場2

いつものように先週も市場へ行ってきましたが、やっぱり来ているお店はとっても少なかった…
そんな中、この人達はいつものように来てました。
市場の場外?にあたる場所で、こうやって自分の家で採れたと思われる卵や丸ごとの鶏肉を売っています。

市場1

牛乳や自家製瓶詰め(何が入ってるかは謎)なんかも持参されていたり…

時々、仔犬や子猫を売りに来ている人も見かけます。
2010.01
14
Category : お弁当
そぼろ弁当

今年最初のお弁当です。
・散らし風ツナそぼろご飯(ご飯とご飯の間にツナそぼろを挟んでいます)
・野菜グラタン
・ひじきの煮物
・ごぼうの漬物(頂き物です)

から揚げ弁当

・鶏のからあげ
・ひじきの煮物
・ブロッコリーの胡麻和え
・ごぼうの漬物
・みかん
・ご飯

スパゲッティミートソース弁当

・スパゲッティミートソース
・キノコのトースター焼き
・キウイフルーツ

炊き込みご飯弁当

・ヒレカツ
・人参の黒胡麻和え
・ゆで卵
・ごぼうとキュウリの漬物(どちらも頂き物)
・キウイフルーツ
・炊き込みご飯

ハチミツ酢豚弁当

・はちみつ酢豚
・キノコのオイスターソース炒め
・ゆで卵
・みかん
・玄米ご飯

照焼き丼弁当

そして今日の分。お肉、焦がしてしまいました。
・鶏の照焼き丼
・ひじきの煮物(凍ってますが…)
・お漬物
・キウイフルーツ


今年もお弁当作り頑張りたいと思います。
もっとレパートリーを増やさなければ… 
2010.01
13
手作り餃子1

もう既に飲みながら作業を進める夫です。

手作り餃子2

私が皮を作り、夫が詰める。
これを全部一人でやるとけっこうな時間がかかるのですが、二人だとやっぱり速い!

手作り餃子3

美味しく出来ました♪ 
2010.01
12
ソリ

今年はどこもそうなのか?
それとも南部だからなのか? (引越し後初の冬)
いつもより雪が多いと感じる今年の冬です。

土曜日、一度も動かさなかった我が家の車。(駐車場は屋外)
日曜日に発車させるまで夫と二人がかりで1時間近く雪&凍りと格闘しました。
フワフワそうに見えた雪は一枚のしっかりした壁になり、その下にフワフワな雪、更に車全体を覆うように厚さ1.5cmくらいの分厚い凍り!
車のドアさえ開かない状態でした(キレイに凍りに包まれていた)
やっと出掛けたスーパーの駐車場には、厚い凍りがついたままの車がいっぱいでした。(うちだけじゃなかったらしい)


写真は先週行った市場で見かけたソリです。
年明け初市だというのに(だからか?)、お店の数が激減!

冬の市場
(夏は場内ぎっしりお店で埋まります)
広い敷地がスカスカ。
卵屋さんとリンゴ屋さんだけはちゃんと来てたけど、八百屋さんも数件のみで全く満足な買い物も出来ず…。

たしかに、外で長時間売るのは大変そうです。
場内を歩いているだけで、つま先は冷たくなってきます。

市場 お肉屋さん1

これはお肉屋さん。

市場 お肉屋さん2

外からはお肉が見えない、こんなタイプのお肉屋さんも意外に買う人は多いみたいです。
(私は見てから買いたいので、ここでは買ったことが無い)

冬景色

↑ 寒くても元気!


昨日の早朝、インターネットをしている最中に一瞬の停電。
それと同時にインターネット不通になりました。
そして今日、いつの間にか復旧していてホッと一安心です。
2010.01
09
とにかく、美味しいものがいっぱいのバスクでした!

~スペインにて~

バスク食べ物 1
Barの中にも天井には生ハムが吊り下げられ…
イベリコ豚の生ハムがパンに挟んでいるだけでとっても美味しかったです。

Barのカウンターにはピンチョス(おつまみ)が並び、好きなものを見て選べるのが気軽です。
バスク食べ物 2

バスク食べ物 3

バスク食べ物 4

Barを何軒かまわって食べるのが楽しかったです。
そのお店によってピンチョスが違います。
お昼も夜とちょっと違ったメニューになっていたり…。

バスク食べ物 6
いかの墨ソース煮

バスク食べ物 5
バスク地方のチーズ

バスク食べ物 7
海老&カニの盛り合わせ。(これで二人分)
漁港のある町Pasai Donibaneのレストランで。
伊勢海老、手長海老、カニ、ホタテ…
海老をお腹いっぱいに食べてみたいという夢が元旦に叶いました。

バスク食べ物 9
大晦日の夜、レストランもスペシャルコースメニューで食事は9時スタート。
カウントダウンに合わせて食事が運ばれてきます。
2010年に変わるとき、私たちはこのデザートを食べていました。(これで二人分。仲良くたべてねってことでしょうか)


~フランスにて~

バスク食べ物 10

バスク食べ物 11

Saint Jean de Luzの市場を見てきました。

バスク食べ物 12
市場内にあったオイスターバー。
頼むとワインも一杯ついてきました。このワインと牡蠣がとっても合う!

バスク食べ物 13
マカロン。お店の奥で作っているようでした。
今回、マカロンの食べ比べで一番美味しいと思ったお店のものです。
前の日記でも少し触れましたが、クリームは挟まれていません。
生地にチョコやナッツなどが練りこまれています。
よく見かけるカラフルなマカロンとはまた違った感じです。

フランス山側バスク 8
焼き栗屋さん。
冬になると食べたくなるものの一つですが、今回はさすがに食べれませんでした…(お腹いっぱいで)


以上、長々と書きましたが見てくださってありがとうございました。
2010.01
08
フランス山側バスク 1

フランス山側バスク 2

こんなのどかな風景を見ながらのドライブでした。
あちこちに羊が放牧されてます。

フランス山側バスク 3

Saint Jean Pied de Portの町へ。
スペインに向かう巡礼者の通過点でもあるらしいです。

フランス山側バスク 4

フランス山側バスク 7(FABRIQUE DE MACARONS)

偶然見つけたこの町のマカロン(お菓子)のお店。
今回の旅行でSaint Jean de Luzがマカロンの発祥の地だと知り、それでなくてもフランスでマカロンを見るとつい買いたくなってしまうのに、更に拍車がかかってしまいました。
フランス滞在中は数箇所のマカロンを食べ比べ。(そんなことしてるから、常に満腹状態 ) 
このお店のマカロンが一番美味しかったです。
Saint Jean de Luzのもそうでしたが、クリームを挟んでいないタイプのマカロンでした。
(食べ物編でも触れますが…)

この町の城塞から見下ろした風景です。↓
背後のピレネー山脈がキレイでした。

フランス山側バスク 5

フランス山側バスク 6


>>>次は食べ物編で終了です。
2010.01
07
フランス海側バスク 9

フランス海側バスク 8

スペインからフランスへ移動しました。とは言っても、本当に近い!
途中の海岸沿いの景色です。

フランス海側バスク 1

San Sebastianから車で約30分、Ciboureという漁港のある小さな町のホテルをとりました。
この日は海から虹も… 

フランス海側バスク 5
ホテルからの眺めです。

フランス海側バスク 3
町の漁港。

フランス海側バスク 2
フランスに来ると、建物が赤白に統一されていました。(時々緑もあり)

フランス海側バスク 6

隣町の Saint Jean de Luzもすぐそこ。(ホテルの窓から写真撮ってます)
この建物、スパ&タラソテラピーがあるのです。
旅の疲れを癒すため(?)、半日コースを利用しました。(この施設のサイト→
予約してなかったのでマッサージはできませんでしたが、スパのみの利用でも充分リラックスしました。
何といっても海を眺めながらのスパは最高です。

フランス海側バスク 7

Ciboureの町のはずれ、Socoaという所のレストラン。
地元の方が「美味しいお魚が食べれる」と教えてくれました。
残念ながらお腹が空いてなかったので食べていないのですが、トイレ休憩をかねコーヒーを飲みに入ったところ、お店のおじさんが「日本人?」と聞いてきます。
店の奥から手にして持ってきたものは、日本の雑誌フィガロ。
大事に保存してあったのが一目でわかりました。
ここのレストランが紹介されてました。(写真一番右のレストランです)
雑誌に紹介されていたことも、もちろん知りませんでしたが、こんな田舎町で日本の雑誌に出会うことにもビックリ。
(関係ないところも、つい見たくなる気持ちをぐっとこらえました


フランス海側バスク 10

Biarritzの街の海岸です。
ここの海は波が高く、ビーチではサーフィンをする人達も見かけました。
そして、岩が多い!

フランス海側バスク 11
この岩の先の方まで歩いて行け、打ちつける波の迫力を体感できます。

フランス海側バスク 12


フランス海側バスク 4
これは、Bayonneの街並みです。

>>>次回はフランスの山側バスクです。
2010.01
06
スペイン山側バスク 1

牛追い祭りで有名な Pamplonaの街にホテルをとりました。
この通りもお祭りの時は牛が駆け抜けます。

スペイン山側バスク 2
牛追いのルートになる通りには、このような看板が貼られてました。

Pamplonaの郊外、南へ車で1時間弱のドライブに出ると…

スペイン山側バスク 4
数え切れないくらいの風車がず~っと並ぶ風景に。

スペイン山側バスク 5
景色は変わっていき…

目的地への入り口になるArguedasという小さな小さな町に寄りました。
ここまで来たら、もう景色は一変します。

スペイン山側バスク 3

この小さな町、民家のすぐ裏山には無数の穴があいていました。
通路になっているのか?倉庫にしているのか??
山の上にたくさん設置されたソーラーパネルも印象的でした。

スペイン山側バスク 9

Pamplonaのインフォメーションで入手したお勧めドライブコースの地図を頼りに、この町の先から広がる自然公園(Bardenas Reales )へ。
入り口になる道路が少々わかりずらく、細い道路で舗装されているのは最初の方だけ。
ところどころドライブ用の案内表示もあるのですが、危険な場所もありました。
山道の上り坂、ガードレールなし、砂利道、どんどん道幅が狭くなる箇所もあり、身の危険を感じて引き返したルートもあったり。(これでもお勧めコース??)
でもそこからの景色は確かに絶景でした。(でも写真を撮る心の余裕は無かった )

スペイン山側バスク 8

景色を目の前にしながらも、絵画をみているような錯覚に…
写真中央に見える小さな三角の山に行ってみたのがこちら↓

スペイン山側バスク 6

どうしてこんな形になったのか不思議です。
(大きさは、左脇に写っている夫と比較するとわかりやすい?)

スペイン山側バスク 7

途中、羊飼いのおじさんと羊の群れにも出会いました。

スペイン山側バスク 10

少し場所を移動し、丘の上からの眺めはこちら↓

スペイン山側バスク 11

スペイン山側バスク 12

絵画のようだけど、本物です!
写真では迫力が伝わらないのが残念…。(ここをもうちょっと詳しく知りたい方はこちらへ→

>>>次回はフランスの海側バスクです。
2010.01
05
スペイン海側バスク 3

スペインとフランスの国境付近にまたがるバスク地方へ行ってきました。
今もなお、バスク人達が独立を願っている地域です。
海あり山あり、美味しいものありで最高の場所でした。

スペインバスク地方にあるBilbao空港からレンタカーを借りて、スペイン側バスク→フランス側バスク→再びスペインに戻るという旅でした。
道路標識も含め、殆どのものがスペイン語とバスク語の2重表記。(スペインにて)
独立心を感じました。


スペイン海側バスク 5

最初に向かった街は San Sebastian。(空港から車で1時間弱でした)
貝殻のような形をしたコンチャ湾が美しい街です。
これはホテルの部屋からの眺めなのです。
こんな部屋に泊まれるのも、オフシーズンの良い所。(多分、夏は高くて私達には手が出ない…)
寝ている間も波の音だけが聞こえてきます。

スペイン海側バスク 4

Monte Urgullの丘から眺めたコンチャ湾の景色。

スペイン海側バスク 6

San Sebastianのコンチャ湾は波が穏やかでしたが、その隣のビーチは波が高くサーフィンをする人達の姿が見られました。

スペイン海側バスク 2

この日はクリスマスイブ。
街の中では、民族衣装を身につけた大人や子供のグループがあちこちで歌や楽器を披露していました。
Bar(お酒やおつまみが食べれる)の中やケーキ屋さん、あらゆるお店の中まで入ってきて歌を歌い、バスクの黒いベレー帽を差し出して お店の人やお客さんからおこづかいを貰う子供達もいっぱい見ました。
子供達にとっては とっても楽しみな行事なのでしょう。

スペイン海側バスク 1

街でみつけた布屋さん。
小さいけど可愛い布がいっぱいありました。
まだ来たばっかりだったので買わなかったけれど… (買っておけばよかったと少し後悔)
ショーウィンドーに飾られた人形もバスクの衣装です。


スペイン海側バスク 8

泊まったホテルに教えてもらった「美味しいお魚が食べれるレストラン」がある漁港です。
San Sebastianから車ですぐ、Pasai Donibaneという小さな町。

スペイン海側バスク 7

大晦日の夜、元旦と2日続けて行ってしまうほど美味しい町でした。
もちろん、古い町並みや景色、人柄なども良かった!


スペイン海側バスク 9

国境があるとは言え、国境越えは簡単なのですが…
スペイン側の山の上からフランスが見えました。
一番手前、海から川へとなっていくのですが、その川より上がフランスです。


>>>次回はスペインの山側バスクです。
2010.01
04
昨年同様、マイペースにやっていけたらと思っていますので、今年もよろしくお願いいたします。

市場

クリスマスから年始にかけて旅行に行って来ました。
こんな田舎に住みながらもホームシックにかかったことが無い私ですが、食欲は別。
ポーランドの内陸暮らしで普段はなかなか美味しいお魚が食べられないという欲求を満たすため、行き先は「美味しい魚介類が食べられる場所」です。

(写真は漁港のある街で行った市場)

毎日、美味しいものを食べ続けた結果…
旅行から帰った私の体重は、1.5㎏増。
こんな事は産まれて初めて。(かなり焦ってます)


旅行の様子は次回からアップの予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。