RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年生まれの娘と夫の3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→オランダ→…
ポーランドとオランダを行ったり来たりで、気づけばヨーロッバ生活も15年経ってしまった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.05
08
CM:0

05:51
プレゼント

娘は4月末に楽しく通っていた幼稚園をやめる事になりました。
(今の仮のアパートからは送り迎えが出来ないので)

その日は、みんなで食べれるようなちょっとしたお菓子を持って登園。
お迎えに行くと、こんな素敵な大きなハートのカードを頂いてきました。
お友達みんなの手形! (緑の手はお友達。オレンジの手は娘のもの。裏面もお友達の手形が…)

この日が来る前に、引越しすること、今の幼稚園はもうすぐ行けなくなること、オランダに引越ししたら新しい幼稚園に通う事…など娘には言っていました。
「明日、幼稚園行く? 明後日は?」と、聞いてきたりしていたのが、引越し荷物が無くなりすっきりした家に戻ってからは(今の仮住まい生活中も)、全く聞いてこなくなりました。
娘なりに理解しているんだな〜と思っています。

最終日の幼稚園からの帰り道。↓

帰り道

帰り道

ず〜っとニコニコしてました。
今日が最後の日だというのに…、明日から今のお友達に会えないのに…
と、私自身はとっても切ない気持ちでしたが、今日一日、娘はきっと良い一日を過ごしたんだと思い直し、そう思うと先生やお友達にありがたい気持ちでいっぱいになりました。

園内でたった一人のアジア人。
周りは温かく接してくれていました。
娘より大きな組の子達も、娘の名前を覚えてくれていて(もちろん、私が娘の母であることも)、声をかけてくれたりもしました。
朝、保育室に入っていくと、仲良しのお友達が「○○○〜」と娘の名前を呼びながら駆け寄って来て、ハグ&キスをしている様子もみられました。
もしかしたら、同じ組の子達は妹のように娘の手助けをしてくれていたように思います。
先生にも、お友達にも、沢山の人達に助けてもらいながら(私自身も)、本当に楽しそうに毎日通えた幼稚園。
いい幼稚園生活でした。(私が言うのは変ですが…)

これから新しく通うオランダの学校も、楽しく過ごしていけたら…と、願うばかりです。
2014.02
11
CM:6

20:43
オムツからパンツへ…

ようやくゴールが見えてきそうです。
夜寝る時だけはまだオムツをはいている娘ですが、そろそろパンツでも大丈夫かな?と思えるようになってきました。

ここまでくるのに、いろいろありました。
でも、全ては私の焦りからきていたんだと今となってはわかりますが…。
その時はわかっていても、上手くいかずお互いにウンザリ…って感じになったこともあったり。(ダメな母でした)

ポーランド渡航前にできるようにしておきたい。
9月の幼稚園に通う前にできるようにしておきたい。

そんな思いは余計でした。

日本に居た夏、だいぶトイレで出来るようになっていたのですが、ポーランドに来て、外出先で利用する公共のトイレの便座の穴のサイズが日本より大きいこともあり、トイレに座りたがらなくなったり…(自宅のも大きいのですが、上に子供用便座を乗せて使えば問題なし)
そのうち、自宅でもトイレに行く事を拒否するようになりました。
「○○ちゃん(自分の名前)、トイレでしないからね」と。

そして始まった幼稚園生活。
言葉が通じない環境で、トイレに行きたいと伝えられないんじゃないか…
それならトイレの事を気にせずにしばらくは過ごせるようにオムツで行った方がいいんじゃないか…
(幼稚園側からは、オムツでもいいですよと言ってもらえていたこともあり)
そんな思いもあり、ずっと家ではパンツだったのをオムツに逆戻り…
幼稚園ではオムツ、家に帰ってからはパンツという生活になりました。

本当はちゃんと出来るのに、トイレには断固と行かずパンツでする。
そんな日々が続き…
つい私も怒ってしまったり。(怒ってもダメとわかっていながら…)
私がイライラするのが一番良くない!
そう思って、しばらくトイレのことは娘にまかせようと口出しするのをやめてみたり…

でも、そうすると、それこそ何も進まない…。
娘「ね〜、お母さん。○○ちゃん、今パンツ?それともオムツ?」とわざわざ聞いてきたり。
(オムツとわかると安心してオムツでするつもりらしい…)
やっぱり、オムツをはいているとトイレには行かないのです。

そして12月。
クリスマスを迎えるためのチョコレートのアドベンツカレンダー(1日一粒づつチョコレートを食べてクリスマスまでカウントダウンする)を楽しむ娘をみて、「これだ!」と思った私。
娘には、「このチョコレートが全部無くなったら、幼稚園にもパンツはいて行くよ。行けるかな?」と。
娘「うん、これ全部無くなったら〜、パンツで行く」

そんなこんなで、クリスマスまでのカウントダウンがパンツまでのカウントダウンにもなったのでした。
娘も心の準備は徐々にできてきている様子でした。

クリスマスを迎え、その後に旅行にも行ってしまったので、幼稚園のパンツデビューは年明けとなりました。
先生にも、今日からパンツだと伝えておきましたが、問題なく初日は終わりました。
それ以来、幼稚園でも家でもちゃんと出来るように…。
ほとんど失敗していません。

そして、夜のオムツのみとなりました。
夜のオムツは長い目で見ていようと思っていましたが、もしかしたら夜も大丈夫かもしれません。

一時は全く見えなかったゴールが、見えそうです。
2014.01
31
CM:4

18:39
カーニバル

今日は幼稚園でカーニバルのパーティー♪
みんな可愛い衣装で登園していました。

娘、初めてのカーニバル。
大好きなミニーちゃんになって嬉しそうでした。

カーニバル

今回、初めて衣装をレンタルしてみました。
こんな所にあるの?というような、住宅街の中にあったレンタルショップ。
アパートの1室をお店にしているような感じでしたが、行ってみると既に順番待ちの列ができていました。
お店の中は、倉庫のようにズラッとかけられた衣装と試着スペース&鏡のみ。
一度に2組のお客が入れるだけです。
みなさん、子供のカーニバル衣装を借りにきていました。
お姫様みたいなドレスとか色々ある中から選んだのはミニーちゃん。娘、即決でした。
ハロウィーンの時、みんな何処で衣装を買ってるんだろう?と思ってましたが、けっこうレンタルしてる人も多いんだな〜と、初めて知りました。
(ちなみに、ミニーちゃんのレンタル料は2日間で35ズウォティ(約1000円)です)

娘、今日は楽しい一日になったかな?
2014.01
28
CM:6

07:42
ソリ

ソリを買いました。

さっそく今日はソリに乗って通園。
娘は待ちきれなく、ジャンバーもまだ着ていないというのに靴をはいて玄関に…
「お母さん、早く行こう〜」と催促されながら出発でした。

娘は楽しそうだし、母は楽チン(抱っこしなくていいので)で、これは止められない…。
久しぶりのポーランドの冬、寒さは厳しいですが、娘のおかげで楽しく過ごせています♪
もっと雪降らないかな〜と、久しぶりに子供のように願ってみたり…。
2014.01
21
CM:4

19:19
Grandparents' day

久しぶりの更新ですが、家族3人元気にしています。
クリスマスから年末にかけてオーストリアのチロル地方とドイツ南部に旅行してきたり、楽しく過ごしていました。

幼稚園の冬休みはクリスマスの週の1週間程度。(娘は年末までお休みして、2週間程休みましたが…)
年明けから、元気に通園しています。

幼稚園では今週、おじいちゃん&おばあちゃんの為の孫参観日があり、娘のクラスは昨日でした。
ポーランドにおじいちゃん&おばあちゃんが居ない娘の為に、「お母さん、来ませんか?」との嬉しいお誘いに喜んで行ってきました。
歌ったり、踊ったり、普段やっていることを披露してくれます。

娘の幼稚園生活を参観するのは、これで2回目。
1回目のクリスマスの会の時は、固まって踊ろうとしなかった娘ですが、昨日は違いました。
ちゃんと手が動いてる…
踊ってる…

固まって立ったままだった1回目は、そこに立って皆と一緒に居る事だけで感動してしまった私。
そして今回、声を出して歌ってはいないけれど、リズムにのって手を振ったり、動いている娘を見て、またまた感動。
日本語が通じない環境で頑張ってくれていると思うと、つい涙が…。
逞しい娘に対して、弱っちい母。

他の参観に来ていた、おじいちゃん&おばあちゃんも楽しそうでした。
おじいちゃん&おばあちゃんの参観日。
日本でもあればいいのに…と、思ったイベントでした。
2013.12
04
CM:4

05:54
アンジェイキ(幼稚園にて)

11月29日。
アンジェイという名前のネームデー(ポーランドでは、誕生日と同じように自分の名前の日をお祝いする習慣があります)で、最もポピュラーな名前であるアンジェイの日がいつの間にか、国民的にお祝いする日になったとか…
そして、この日に恋占いをするようになったらしい…。

娘の通う幼稚園でも、その日はその占いをしたようです。
水をはった容器に、ロウソクのロウを溶かして鍵穴(昔の大きなドア鍵の穴)を通って落ちるように垂らし、その水に落ちて固まったロウを壁に陰として映して占うそう…

アンジェイキ

↑ これが、娘が持ち帰って来たもの。(持ってくる間に崩れ、少し形は変わってしまってますが)
どんな結果だったのでしょう…

娘にとっては、何の儀式なのか理解できなかったかもしれませんが、それでも火の点いたロウソクが溶け、水に垂れて固まるのを見てるだけで楽しかったのかもしれません。
迎えに行くと「楽しかったの〜」と言っていました。
そして、家に帰り、自分のロウを見て「ねえ、お母さん、これ食べた〜い!」と言ったのでした。
2013.11
25
CM:6

18:46
テディベアの日(幼稚園にて)

今日は朝から晴れ!
ずっと曇りが続いていたので、本当に久しぶりのお日様です。
私の住む北西部のここでは寝ている間に初雪が降りました。

そして、今日はテディベアの日だそうです。
自分のお気に入りのクマを幼稚園に持って行きます。

テディベアの日

娘も可愛がっているクマちゃんを連れて行きました。
以前編んだクマ柄のカーディガンを着て…。

マフラー、帽子、手袋、ダウンジャンバー、ブーツの完全防備で出発。
幼稚園に着くまでの道、凍った水たまりの氷を全部割りながら、冷たい風にほっぺを赤くしながらも楽しそうに登園して行きました。
楽しい一日になるかな?
2013.10
31
CM:6

19:13
ハロウィーン

今日はハロウィーン。
我が家には全く馴染みのない行事でしたが…
幼稚園では、各家庭から持ち寄った子供達のカボチャの作品がズラリ〜
いっぱい集まると可愛いですね。

そして、今日は大きい組の子達ほど仮装に気合いが入っているようでした。
娘のいる一番小さい子達の組は、やんわりとした雰囲気。
とんがり帽子を被るだけの子もいれば、特にいつもと変わらない子もいたり…。
まだみんな、我が家同様に今年は様子を見てる感じかな。
娘には、白いネコちゃんに変身できる服を持たせました。
ぜんぜん怖くない、癒し系のネコ。(掲示板には、scary costumeと書いてあったけど…
それでも娘は、「わ〜、ネコちゃん着るの〜」と喜んでくれてました。
とりあえず楽しく過ごしてくれればいいな♪
2013.10
08
CM:8

06:35
娘

幼稚園生活も1ヶ月以上経った娘。
通い始めて少し経った頃から、徐々に変化が…。

家で一人遊びをしている時、日本語、ポーランド語、英語のどれにもあてはまらない、娘独自(?)の造語を使ってぬいぐるみに話しかけ。
幼稚園では、先生や皆が話している言葉が娘にとってはわからない言葉として、そんな風に聞こえているんだろうな〜と思い、そっと見守っていました。

そして迎えた誕生日の日、プレゼントをもらった時に「ジンクイエ」(=ありがとう)と言っていたと先生から聞き、私も嬉しい気持ちになりました。(以前の日記にも書きましたが)

そして今日、お迎えに行った帰りに先生が教えてくれたのですが、「ママ」「ジンクイエ」「ジンダブレ」(=こんにちは)、「プロシェ」(=どうぞ)、「シェシチ」(=こんにちは)の5語くらいのポーランド語は言えるようになったらしいです。
(先日、家で娘に「ママ」と呼ばれ、「ん?」と思った私でした。いつも「おかあさん」と呼ばれているので)
私としては、ポーランド語を覚えたということも、もちろん嬉しいですが、それ以上に幼稚園でもちゃんと声を出せているんだなと、そっちの方で安心してみたり。

あとは、幼稚園で習ってきた歌もよく口ずさんでいます。
それが正しい発音かどうかは、私にもわからないのですが…
楽しそうに聞かせてくれるので、それだけで私は嬉しい♪
でも時々、私にもわかる発音で歌ってるときもあったりしてビックリです。
今日は、♪ア〜ユ〜ハングリ〜♪って聞き取れました。

動物のレゴで遊んでいた娘が、「どうぶつえん、ドブジェ、どうぶつえん、ドブジェ、似てるね〜」と言っていたことがあり、そんな風に言葉を覚えていくのかな?と驚かされたこともありました。
(ドブジェ=good)

ただ…
最近は家で口癖のように「にえ〜」(=いや)と言うのは止めて欲しい…
きっと幼稚園でも言ってるんだろうな…。
2013.09
26
CM:4

16:50
パズル

今まで大きな病気もせず、無事にスクスクと育ってくれて感謝です。
元気に3歳の誕生日を迎える事ができました。

誕生日当日は、幼稚園でもお誕生日パーティーをしてくれたそうです。
バースデーソングも歌ってもらい、ケーキのロウソクも吹き消したそう。
そして、幼稚園からパズル(写真)をプレゼントとして頂きました。

帰りに先生から聞いたのですが、ちゃんとプレゼントをもらった時に「ジンクイエ」(ポーランド語でありがとうの意味)と言ったそうです。
これを聞いて、私も心が温まりました。

これからも健康に。
幼稚園も楽しんでくれたらと願っています。