RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年生まれの娘と夫の3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→オランダ→…
ポーランドとオランダを行ったり来たりで、気づけばヨーロッバ生活も15年経ってしまった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.04
28
CM:2

19:50
Category : ソーイング
もう既に使い始めていますが、最近、娘用に作った物です。
サブバッグと上履き入れ、そしてお弁当袋の3点。

サブバッグ&シューズバッグ(サブバッグ&上履き入れ)

リボンの色、数、位置などは娘に相談しました。

お弁当袋(お弁当袋)


つい最近、こんな可愛らしい布を頂きました。↓
マイメロディーが好きな娘も大喜び♪
何を作ろうかな…
また娘に相談しよう〜。

マイメロディー布
2017.04
03
CM:4

18:07
ルドルフといっぱいあってな

今、娘と一緒に毎晩この本を楽しく読んでいます。
レビューだけを頼りに、中を見ないでアマゾンで購入。
絵本だと思いこんでいたので、初めて手にした時は「あらら…」なんて思ったけれど…。
挿絵はほんの少し、しっかり読むタイプの本だったので、一晩に1〜2話、少しずつ読み進んでいます。

娘だけでなく私も、毎晩続きが楽しみ♪

飼い猫だったルドルフ(黒猫)が、思いがけず野良猫として生きて行く。
教養を身につけるとはどういうことか?
勇気や友情、学ぶ事の大切さ…
面白く書かれています。

けっこう深いことが書いてるな〜なんて思ったり…。

続編が読みたくて、夫の日本出張の時に買って来てもらいました。
ルドルフといっぱいあってな

2冊目「ルドルフ ともだち ひとりだち」も読み終わり、今は3冊目「ルドルフと いくねこ くるねこ」を読み始めました。

娘と一緒に、夜のお楽しみタイムです♪
2017.03
30
CM:2

19:29
乳歯ケース

娘、学校にいる時に乳歯が抜けました。

お迎えに行くと、コレを私に見せてくれました。
抜けた乳歯を無くさないように、こんなケースに入れて持たせてくれたみたいです。
首から下げる紐までついてます。

ちゃんと、こういうものを学校で用意しているのね…。
可愛いらしい乳歯ケースです。

昨晩は娘のところにもTooth Fairy(歯の妖精)がやってきました。

※Tooth Fairy(歯の妖精)=抜けた乳歯を枕の下において寝ると、妖精がやってきてコインに換えていってくれると言われています。昨晩は、私が妖精になりました…
2017.03
30
CM:0

19:09
CHATEAU St.GERLACH(ホテル)

もう既に3週間程前のことですが…
またまたホテル滞在を楽しむ旅へ。
オランダ南部 Maastricht から10kmのところにある Valkenburgに行って来ました。

ホテルは、CHATEAU St.GERLACHです。
第一印象は、「広〜い!」
敷地内は、ホテル、レストラン、プール、それぞれ建物が別れていて、広くて大きな庭も綺麗に手入れされていました。

CHATEAU St.GERLACH(レストラン)

CHATEAU St.GERLACH

CHATEAU St.GERLACH(奥に見えるのはホテル)

最近の我が家のホテル選びの条件の一つになりつつある、プールもあります。
娘、たっぷりここで泳ぎました。

CHATEAU St.GERLACH

ここのホテル、夜のレストランの食事がとっても美味しかったです。(写真は無いけれど)
朝食も!
種類が多く美味しいので、朝からいっぱい食べてしまった…。
蜂蜜は、巣のまま。↓

CHATEAU St.GERLACH

部屋は、1泊だけれど広いので、アパートメントタイプにとまりました。↓
この部屋の奥に、ベッドルーム&バスルームがあります。

CHATEAU St.GERLACH
2017.03
30
CM:2

18:19
Kasteel Engelenburg

行ったのは、娘のクロッカス休暇中。(3〜4週間前。今頃?の更新です。
観光では無く、ホテル滞在を楽しむために出かけてきました。
そんな訳で、ホテルにはチェックイン可能な時間には到着して、の〜んびり過ごしてきました。

場所は、De Hoge Veluwe National Park(クレラー・ミュラー美術館がある)に近く、Brummenという小さな田舎町。
19世紀のお城だった、Kasteel Engelenburgです。
100ヘクタールの敷地内には、プライベートのゴルフコースもあり(ゴルフしないけど…)、自然がいっぱい。

こんなお部屋に泊まりました。↓
ベッドルームの他に、テラスルームが付いています。
娘(&私も)大喜び♪

Kasteel Engelenburg

娘用に用意してくれていた簡易ベッドが、このテラスルームに置かれていました。(写真左側)
もしかしたら、夜はベッドに寝ながら星が見れるかも???
ワクワクしていた娘でしたが、残念ながら夜は曇り空。
(でも、もし晴れていたとしても、庭にあるライトが天井に反射して、結局は見えなかったのだろうけど。)

この部屋だけの庭と、ジャグジーまで付いていました。
ジャグジーの中は、いつでも入れる状態になっていて、2月の気温でも入って調度良く感じる温かさ。
夫と娘、仲良く入浴です。

Kasteel Engelenburg

「ここに住みた〜い」という娘。
テラスルームがとっても居心地が良くて、私も娘と同じ気持ちになった、そんなホテルでした。