RSS
Admin
Archives

ポーランド&オランダで作る♪

編み物、ソーイング、パンを焼く… ハンドメイドを楽しんでいます。

プロフィール

カプチーノ♪

Author:カプチーノ♪
2010年生まれの娘と夫の3人暮らし。
オランダ→ポーランド北西部の田舎→ポーランド南部の田舎→オランダ→…
ポーランドとオランダを行ったり来たりで、気づけばヨーロッバ生活も15年経ってしまった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

バスクの旅行情報
バスクの旅行情報
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
06
CM:2

07:24
デルフト アンティーク市

また娘と一緒にアンティーク市へ。
今回は、デルフトです。

娘が見つけた木製の筒。(写真上)
「何か入ってるみたい」と娘が言うので、中を見てみたら…
なんと、編み物の棒針が入っていた〜!
こんな編み針ケースがあるとは…。(残念ながら、中の編み棒は多少錆びているのもありました。)

路上に広げているお店もあったり…
デルフト アンティーク市

デルフト アンティーク市

ここはデルフト。
デルフト陶器もあちこちに。↑↓

デルフト アンティーク市

化石とか綺麗な石に興味のある娘。
しばらくこの鉱石を置いているお店から離れませんでした。↓

デルフト アンティーク市

私はこのお店(アンティーク刺繍)でしばらく離れられなくなりました。↓ 

デルフト アンティーク市

オランダらしい図案を全部まとめたような、この刺繍!
40×60cmくらいありそうな大きな刺繍です。↓

デルフト アンティーク市

随分、心が傾きそうになりましたが、以前ゴーダで見た刺繍が忘れられず、また他にも良いのがあるかもしれないと思い留まり、この店を離れて数件先…

思わず、「あっ、あった!」と言ってしまった程、私にとってはビックリ。
ゴーダで買うのを迷い、結局買わずに帰り、でも買わなかった事を後悔していた、その刺繍に再会したのです。
私を見て、お店の人に「ゴーダで会ったよね!」と言われ、最初は刺繍しか目に入ってなかったけれど、その人を見て二度ビックリ!
同じお店でした。
水曜日はゴーダ、土曜日はデルフトに来ているとのこと。

今回は、家に持ち帰りました。

それがこの刺繍。↓
額含めて65×45cmもある大きな刺繍です。
アムステルダムの風景にストリートオルガンが刺された、オランダらしい風景。
と〜っても気に入っています!

アンティーク刺繍
2017.08
06
CM:0

06:11
Speelklok Museum

ユトレヒトにあるオルゴール博物館へ。

こういうストリートオルガンは、私の住む近所の商店街にも毎週決まった日にやってきます。
家の近くを通り過ぎると、窓を閉めた家の中に居ても聞こえるくらいの音です。
ストリートオルガンと共にやって来るおじさんは、オルガンを商店街などに停めると、片手に小銭が入った缶を持ち、それを上下に振りながら(ガシャガシャ鳴る)、通り過ぎる人達から小銭を集めます。
音は、小さな穴が沢山あけられた譜面をオルガンにセットすると、オルゴールのようにピンが穴のとおりに弾き奏でられます。
近くだとけっこうな音量ですが、何とも楽しげなオルゴールの音には、やっぱり娘も私もつい足を止めてしまいます。

いろんなオルゴールが展示されている博物館。
前から行ってみたかったのですが、先日ようやく娘と観て来ました。

Speelklok Museum

Speelklok Museum
(どうやって動くのかな?)

Speelklok Museum
↑こちらは、ピアノと3台のバイオリンが自動演奏するものらしい…
1914年のドイツ製。

↓ダンスオルガン。
ここの部屋に展示されているものは、どれも大きくて(天井につきそうなくらい)、ダンスホールとかに設置されていたものらしいです。

Speelklok Museum

↓こちらもダンスオルガン。
Speelklok Museum


ところで、ユトレヒトと言えば、ミッフィーの街。
歩いていたら、面白いミッフィーを発見!

Nijntje
2017.07
21
CM:0

07:07
Den Haag

娘とハーグのアンティーク市へ。
今年はオランダのデ・スタイル(芸術運動)が100周年らしく、その代表的オランダの画家ピエト・モンドリアンのカラーがハーグの街のあちこちで見られました。
こんな水上にまで… (写真上)


夏季は、平日の木曜日にも開催されるアンティーク市。
十数年ぶり(?)に行ってみたら、思っていたより規模は小さかった…
(私の記憶なんて、そんなものか…

規模は小さいけれど、銀製品が多めです。
(そんな事も、すっかり忘れてたけど見ているうちに徐々に記憶も蘇ってきました。)
という訳で、娘はお目当の陶器のミニチュア動物で可愛いのを見つけることが出来ませんでした。

アンティーク市

アンティーク市

今度はどこへ行こうかな…。
2017.07
21
CM:2

06:18
ゴーダ アンティーク市 

夏の間のみ毎週水曜日に開催されるゴーダのアンティーク市へ、娘と行ってきました。

ゴーダ アンティーク市 

ゴーダ アンティーク市 

ゴーダ アンティーク市 

この真ん中に飾られた大きな刺繍に惹かれた私。↓
オランダらしい風景がとっても良かったのだけど、眺めるだけにしておきました。
(ちょっと心残りではありますが…)

ゴーダ アンティーク市 

娘は陶器のミニチュア動物を、私はそれらを飾るための棚を購入です。↓

娘コレクション

左上のアヒル達、右上のウサギ、真ん中のネコが、この日 娘が選んだもの。(いっぱいだけど、全部合わせても€2.5です)
これから少しづつ増やしていく楽しみも出来ました♪
(他のスペースにあるのは、私が家にあった物を置きました。これらの小さい物を飾りたくて買った棚だけど、今後娘のコレクションが増えていったら、このスペースは娘に取られそうです…)

娘コレクション

行く前は、アンティーク市に行こうって誘っても あまり乗り気じゃなかった娘ですが、着いて早々「楽しいね〜」と言ってくれて一安心。
お陰で私も楽しい1日となりました♪
2017.07
12
CM:4

22:05
ピアノ

ピアノがあったらな〜なんて思っていたところに、本帰国が決まった方から ピアノを譲って頂きました。
嬉しい〜。

娘もピアノに興味があったものの、バレエとスイミング、それに土曜日の日本語補習校が加わって(補習校の宿題もけっこうあり)なかなかピアノまで手が出ずにいました。

夏休みなので、ちょっとずつ練習しています。

ちゃんとレッスンを受けるのが一番なのはわかっていますが。
今は、私がレッスンごっこという形で教えてしまっています。

最初が肝心。
変な癖が付いちゃったらマズイな…
素人が教えるのは問題ありだな…
とか…、いろいろ思う所はあるのですが…。

普通に母&娘の関係で教えようとすると、うまくいかないレッスンも、「レッスンごっこ」で先生&生徒という設定でレッスンすると、とっても素直に聞いてくれます。(ナゼ???)

娘が言うには「お母さんは、先生の時の方が優しい」と…
そうか、違うのは私の態度だったのか…

そんな訳で、「レッスンごっこ」を楽しむため、レッスンカードなんかも作ってみたりして。↓
一つ弾けるようになったら、シールをペタッ!

ピアノ

今のところ楽しんでくれているようで、1日に2回もレッスンを受けてくれたりします。
半分遊んでいるような感じだけど、ちょっと前まで、全然動かなかった指も だいぶ動くようになったし、読めなかった音符も見ながら弾くようになってきたし、かなり進歩しています。

私自身、遠い昔に 赤と黄色のバイエルで習って あまり楽しくなかった思い出があるので(曲が面白くなかった)、娘には、知っている曲で練習できて 弾ける楽しみを味わって欲しいな〜と思ってテキストを選びました。

・ピアノひけるよ!ジュニア1
・バーナムピアノテクニック 導入書

その他に、ピアノ弾けるよ!ワークブックを宿題にして、「レッスンごっこ」を盛り上げています。
意外と真面目に通って練習もしているので、ピアノひけるよ!ジュニア1を終了して、今はその次のジュニア2へ。

今後どうしていくのかは未定だけれど、今は夏休みなので、このまま楽しめたらと思ってます。